安全・安心の取り組み
ホーム >AIB・FSSC22000

AIB・FSSC22000

AIBフードセーフティプログラムを導入、「信頼」を得るための安全管理を徹底します。

AIBフードセーフティプログラムは「HACCP」や「ISO」、その基礎となる、連邦規則の適正製造規範(GMP)の達成クォリティを高めるための統合基準です。
現場主体で衛生管理を監査する、極めて実践的なプログラムです。

従来より、GMP遵守を原則とした安全管理を推進してまいりましたが、よりハイレベルなGMP達成を目指すためAIBフードセーフティプログラムを導入。品質、設備、教育、防虫、防鼠、清掃管理、トレサビリティーの確立に努めています。

photo

photo

AIB (American Institute of Baking)

AIBは、米国およびヨーロッパの食品安全衛生に関する法律や規則を基本に作成された食品安全衛生統合基準です。GMPを主体とし、製品に危害をおよぼす可能性すべてを除去することを目的に、監査や指導が行われます。
また、AIBの注目すべき特徴は、すべての監査を製造現場で行うところです。導入されている安全衛生プログラムについての妥当性についても監査の対象となります。

さらなる「安心・安全」を追い求めてFSSC22000を取得しました。

安全・安心な商品をお客様にお届けするために、当社ライスセンターに於いて食品安全規格の"FSSC22000(Food Safety System Certification 22000)"の認証を取得いたしました。

食品の製造工程において健康被害が発生するリスクを自社基準の考え方だけで管理するのではなく、非常に厳しい要件事項で国際的に信頼された食品安全としての規格であるFSSC22000による管理手法を導入することにより、さらにゆき届いた衛生管理と安全・安心な商品の製造を目指してまいります。

FSSC22000 (Food Safety System Certification 22000)

食品製造業界のあらゆる組織に向けた、食品安全システムの規格です。EU食品・飲料産業連合(CIAA)の支援の元、FFSC(Foundation for Food Safety Certification)によって開発されました。
FSSC22000は、2010年2月食品小売業界が中心となり、2005年に設立された非営利団体、国際食品安全イニシアチブ(GFSI:Global Food Safety Initiative)により、食品安全マネジメントシステム認証スキームの一つとして承認されました。GFSI承認の規格は世界の著名な食品製造メーカー、総合スーパーや小売業といった組織によって、サプライヤーチェーンマネジメントの指針として採用されています。

適用規格:FSSC22000:2010(ISO22000:2005+ISO/TS22002-1:2009)
認証登録範囲:玄米の搗精と調製
認証発効日:2017年1月7日
認証登録番号:FSSC598882
審査登録機関:BSIグループジャパン株式会社
認定機関:ANAB
(ANSI-ASQ National Accreditation Board; 米国規格協会―米国品質協会による認定機関)
ホーム事業案内糖類飼料小麦粉類米穀ライスセンター安全・安心の取り組み自然環境保全会社案内採用情報お問い合わせ